ゴリラ脱毛 5つの特長
  • 強
  • 速
  • 優
  • 技
  • 癒
エステではない、医療レーザーを使用した永久脱毛
ヒゲ脱毛を検討する前に、知っておいていただきたいことがございます。
それは、エステサロンでは永久脱毛ができないということ。そもそも脱毛とは、厚生労働省が取り決めた法律の中で「医療機関でしか行うことができない」と定められています

つまり、医師がいない場所で永久脱毛を行うと、それは、犯罪行為にあたります。
脱毛は毛の細胞を破壊する施術のため、決して簡単な治療ではありません。だからこそ、医療的な知見を持った医師がいる場所で行うことが最も安全な方法です。

では、「医療機関ではない」エステサロンが行っている施術は「脱毛」なのでしょうか?
答えは「NO」。エステサロンで行われる施術は、正確には「減毛・抑毛」と呼ばれる種類のもので、その名のとおり微弱なレーザーで毛を「一時的に減らす・抑える」ことを可能としています。
効果は一過性のもので、時間がたてば以前と同じ量の発毛の可能性が高くなります。
医療レーザーによる脱毛について
脱毛における痛みが少ない
従来とは違う、脱毛における痛みの軽減
髭脱毛には、多少なりとも痛みを伴います。10年、20年前に比べると確かに痛みは大幅に減少しましたが、「全く痛みを感じない」ということはありません

痛みの感じ方には個人差があり、敏感な方だと強い刺激を感じてしまうことがあります。
ゴリラクリニックでは、すべての方に安心して髭脱毛を受けていただくために、痛みへの取り組みを徹底しております。取り組みの一つとして、痛みの少ない最新の医療レーザー脱毛器「メディオスターNeXT PRO」を導入しております。

今までの医療レーザー脱毛器は、レーザーを直接、毛根に照射し破壊するというものだったので強い痛みを感じることがありました。
メディオスターNeXT Proの特長
メディオスターNeXT PROは、
痛みを抑える仕組みとなっています。
痛みの少ない脱毛器「メディオスターNeXT PRO」は、毛根ではなく毛を生成するバルジという細胞を蓄熱方式で破壊します
バルジがある部分は神経が多く通っている毛根よりも皮膚に近いため、少ない痛みでの施術が可能です
脱毛時のリスク対応が違う
医療機関だからこそできる、髭(ひげ)脱毛のリスク対応
顔の一部であるヒゲはとてもデリケートな部分です。
万が一のリスクに備え、医療機関で安全な脱毛を受けられることをおすすめします。

脱毛施術は痛みを伴う施術です。高い脱毛効果を出すためには、それ相応のレーザーのパワーが必要です。人によってはレーザーが皮膚に合わず、炎症などを起こしてしまう場合もございます。
ゴリラクリニックは医療機関だからこそ、医療的な視点でアフターケアを行うことが可能です。皮膚のメンテナンスをしながら慎重に脱毛を行い、万が一、炎症等が発生した場合は塗布薬や飲み薬などを処方させていただきます

エステサロンでは医療的な治療を行えません。
医療従事者でない者が施術を行い、過去に深刻な問題となった事例が多数あります。
「医療機関以外での脱毛は危険性が高い」ということを知っておいてください。

ゴリラクリニックは「医療機関」です。
医師が常在しているので、万が一の脱毛リスクにもすぐに対応が可能です
ゴリラクリニック総院長 稲見文彦 プロフィール

このページのトップへ戻る

ヒゲ以外の脱毛はこちら 男性専用・ゴリラ脱毛 ゴリラクリニックMAP

ゴリラクリニックのご紹介 ドクターのご紹介
Instagram