【ヒゲ・髭剃り】肌がヒリヒリする……カミソリ負けのメカニズムとは?

shutterstock_327799175

毎日のヒゲ剃りで肌を痛めてしまったことはありませんか。出血を伴うような切り傷はもちろんのこと、カミソリの刃による刺激によって「カミソリ負け」の症状が出ることがあります。カミソリ負けのメカニズムやケアについて考えてみましょう。

 

カミソリ負けとは、肌が傷ついて炎症を起こした状態のこと

shutterstock_256694653

カミソリを当てた後の肌、正確には角質層と呼ばれる部分には細かな傷ができることがあります。このような外的な刺激に対し、人体は防御反応のひとつとして「炎症反応」を起こします。赤くなる、腫れる、痛みや痒みが出る、これらが代表的な炎症症状であり「カミソリ負け」の正体です。また、赤いブツブツができたり膿が溜まったりした場合は「尋常性毛そう」の可能性があります。小さな傷より細菌が入ったため生じ、口や顎など太くて固いヒゲが生えている部分にできやすいのが特徴です。
 
カミソリ負けを防ぐためには丁寧なシェービングが不可欠です。カミソリの刃は肌の上を滑らせるように使い、深剃りや逆剃りはできるだけ避けましょう。カミソリは常に清潔に保ち乾燥させることも重要です。
 

カミソリ負けになってしまったら?

カミソリ負けを引き起こす原因を取り除くこと、そして症状を抑えることが大事です。
原因を取り除く、つまり「ひげ剃りをしない」ことが根本的な解決法ですが、そうもいきませんよね。
症状を抑えるためには「薬でケアする」のが一般的。では、どのような薬を使うと良いのでしょうか。
 
症状が重い場合:皮膚科を受診する
カミソリ負けは皮膚に生じた炎症です。速やかに、きちんと治すには皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。
症状によって外用薬や内服薬を処方してもらえます。もちろん、医師の説明に従って用法用量を守ることが大事です。
特にステロイド剤は強い抗炎症効果がある薬なので、間違った使い方をして副作用を招かないよう注意しましょう。

 

ステロイドの特徴

shutterstock_172415708

ステロイドは局所の炎症を強力に抑え込む作用があります。よってカミソリ負けに対し非常に効果的です。ステロイドの副作用を気にする方もいらっしゃいますが、医師の指示の元で正しく使用すれば副作用のリスクはほとんどないと言ってよいでしょう。一般的に顔は血流がよく吸収が良いため、やや弱めのステロイド外用薬を使います。必要以上に強いステロイド剤を使うと副作用のリスクも上がりますが、自己判断せず医師の指示を守りましょう。

 

症状が軽い場合:市販薬を利用する

ドラッグストアには様々な市販薬が置いてあります。オロナインH軟膏(大塚製薬)などが有名です。待ち時間もかからず手軽に購入できるのが市販薬のメリットですが、自身の症状を自分で判断し薬を選ばなければならない、というデメリットもあります。間違った処置をしてしまった場合、かえって治るのに時間がかかるリスクもあります。購入の際は薬剤師に相談することをお勧めします。また症状が良くならない場合は必ず病院を受診しましょう。
 
折角カミソリ負けが治っても、また繰り返してしまっては意味がありません。かといってカミソリ負けを恐れてヒゲを剃らない、という訳にもいきませんね。カミソリ負けの原因をしっかり見直して、ヒゲ剃りのトラブルを減らしましょう。
 
 

【関連記事】
【濃いヒゲ朗報】髭がッ!ポロポロ抜けるッ!!抜けるぞ――ッッ!!!芸人S×L酒井がひげ脱毛の効果に歓喜

監修:ゴリラクリニック総院長 稲見文彦(いなみふみひこ)

ゴリラクリニック 稲見文彦医師

医療法人社団十二会所属 美容形成外科医師
大手美容形成外科で約11年間、多数の研修医、新人看護師の育成に携わる。丁寧な指導と朗らかな人柄には定評がある。「優しさ」と「患者様の言葉に耳を傾けること」を理念とし、私生活では二児の父で愛妻家。

国内で初めてSub-Q(ヒアルロン酸)を用いた豊胸術を行ない、専門誌「形成外科」(第49巻 第12号 2006年)にて、医学論文「Fillerを用いた乳房形成術」を発表、美容医療業界の発展に貢献。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

HIGEハックの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事