【料金のカラクリ】エステで脱毛するのは安いしお手軽!のウソ 医療レーザー脱毛(クリニック)との比較

shutterstock_214536850

まず初めに。
正直に言うと、筆者自身はクリニック(医療機関)側の人間ですので、これからここに記載する内容は若干の偏った部分があるかもしれません。自分でも十分理解しております。しかし、お伝えしたい内容は全て本当の事ですので、その点を加味した上で内容についてご判断いただければと思います。

最近よく電車などの広告で、脱毛が初回100円とか、お試し1000円といった派手で目を引く広告を沢山目にしますが、これから脱毛をしようとお考えの方は是非知識として知っておいた方がいいと思うのです。今回はそんなお話になります。

 

2つの選択肢 スタート前に気付きたい色々な事実

shutterstock_128298659

エステでの光脱毛に2年を捧げた Aさんの場合

実際に、こんな話がありました。

日ごろから面倒なあごヒゲの処理に悩んでいたAさん。あご全体のヒゲの脱毛がしたくて友人に紹介されたのは某有名メンズエステでした。気軽に、そしてお手頃に出来るという事で、名前もなんとなく聞いたことがあるしお得なキャンペーン中という事もあって実際に行ってみることに。

カウンセラーさんの説明によると、他エステサロンではワックス脱毛やニードル(針)脱毛などもあるが、ここでの脱毛は痛みの少ない「光脱毛」、ということで、まずはトライアルとしてキャンペーン価格で数回のヒゲ脱毛を受けてみましょう、といった流れになります。

Aさんは、驚くようなキャンペーン価格で光脱毛の施術を2カ月おきに3回ほど受ける訳ですが、殆どの毛が施術後にまた生えてくるので、ほんの少ししか脱毛効果を実感できません。効果には個人差があるという説明を受け、ちゃんと脱毛する為に「大体この程度でこのくらいの脱毛結果が得られる」というコースを、ヒゲの各脱毛エリアを合わせ、合計5万円強で改めて契約します。

こんなもんかな?と思いながらもAさんは、1年程かけて5回に渡りエステに通いました。しかし若干の脱毛効果は得られたものの、まだまだ満足いくほどではありません。結果的にまた5万円強の契約をしてまた1年間をかけて5回通いましたが、それでも完全な脱毛には至りませんでした。Aさんとしては、”回数にしては値段が割とお手頃”だと感じたものの、そもそもの目的である「脱毛」が完全に出来ていない為に不満を感じました。
2年もかかったのに、です。

 

クリニックでの医療レーザー脱毛を受けた Bさんの場合

一方で、同じように毎日のヒゲのケアで悩んでいたBさんは、エステでの光脱毛は脱毛効果が弱い、という事を知っていたので、確実に脱毛結果が出ると言われる医療機関(クリニック)での脱毛を選択します。クリニックでは医師と看護師が常駐しているので、何かトラブルがあった時でも安心だと考えていました。

まずカウンセラーさんから、クリニックでは「医療レーザー脱毛」による脱毛で、いわゆるエステなどの「光脱毛」よりも出力が強く、効果が見込めるという説明を受けます。また、脱毛には痛みが伴うものの、医療機関なので笑気ガスや麻酔クリームなどで痛みを和らげることが可能だという話でした。

Bさんは結果的にヒゲ脱毛4部位の5回コースで13万円ほどの契約をし、1年間に渡り5回(2~3か月に1度)通院しました。最終的に、Bさんは医療レーザーの効果のおかげで80%以上の脱毛に成功し、満足して退院することが出来たのです。
1年間の、たった5回の通院で、です。

 

要注意!お得なようでお得でない、エステでの脱毛

shutterstock_247802206 (1)

さて、エステとクリニックでの脱毛を受けたAさんとBさんのお話ですが、一見とてもお手軽なように感じるエステでも、実は全くそうではないのです。結果的にAさんもBさんも同じような金額を支払っていますが、AさんはBさんに比べ1年も多く、2倍の時間を費やして通院したのにも関わらず、Bさんほどの満足感は得られませんでした。恐らくもっと沢山の時間を掛けても、その感覚は残念ながら変わらないでしょう。

少し野暮な話をしますが、1回の脱毛施術を受けるのに施術場所までの移動時間と施術時間を合わせて約3時間を要したとします。また、調整をするために前後1時間ずつの時間の余裕を設けたとして、1回あたり計5時間、ヒゲ脱毛の為に時間を空けたとします。
仮に自分の時間を空けるのに1時間当たり800円(少なく見積もって)だと計算すると1回の脱毛で4000円、年間で2万円の時間的ロスとなります。交通費も加算するとそれ以上に。もはやAさんの立場はありませんよね。
(※先ほど例に挙げたAさんのエステでの脱毛料金は、エステの中でも安い方だという事をお忘れなく)

 

エステとクリニックとの大きな違いは、そのクオリティ

shutterstock_125105273

エステでもクリニックでも、現在は色々な脱毛方法が存在します。それぞれの脱毛方法にはメリットもデメリットもある事を知っておきましょう。
【関連記事】脱毛の種類・方法を知ろう(エステ・クリニック)

大手エステサロンでも利用されているニードル脱毛とは、針を直接毛穴に刺して電気を流す施術行為です。かつては脱毛ニードル(針)を交換していなかったり、脱毛品質もエステティシャンの技量に左右されるので、内出血や火傷といった外傷トラブルも多く発生しています。医療機関ではないエステサロンで導入されている施術方法としてはリスクがあると言えるでしょう。

レーザー脱毛や光脱毛の場合、光線が毛根細胞に反応して熱に変化することで、脱毛効果が生まれます。そして稀にですが、この熱により火傷が起きることがあります。リスクを減らす方法の一つとして出力レベルを下げることが挙げられますが、その分脱毛の効果が低くなってしまいます。

また、レーザーや光の照射で毛穴の殺菌機能が低下して、細菌が入り炎症を起こしてしまい、「毛膿炎」という毛穴の周囲が赤くなり痛みを感じたり赤く吹き出物のようになってしまう症状が起こる事があります。

脱毛という施術行為にはどうしてもこれらのリスクが避けられません。しかし、問題なのはそれらに対する適切な対処ができるかだと思います。
医療クリニックでは、このようなリスクに対するケアとして医師が迅速に診察することができますが、エステでは勿論このようなケアはできません。何かトラブルがあった際にも、そこに医師がいないので提携する医療機関を紹介するしか解決法がないのです。

更に、これらのリスクに関して事前カウンセリングなどで説明があるかどうかも、脱毛する施設を選ぶ基準になります。リスクとその対処法がきちんと説明されているという事は、迅速に正しいケアができるという自信の現れでもあると判断できるからです。

貴方が「最初から医療機関で脱毛すれば良かった……」などと苦悩しない為にも、この記事に書いてある内容が参考になれば幸いです。

横浜でメンズ(男性)脱毛するなら、ゴリラクリニック横浜院へ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

HIGEハックの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事