【トラブル】信じられない!エステ脱毛でまさかの火傷……!こんな時は?

shutterstock_187439093

脱毛には3種類の方法がある

shutterstock_163041134

ヒゲやすね毛、ビキニライン、脇。顔だけでなく全身みっしりと生えているムダ毛をなんとかしたいと思い、脱毛サロンの店舗を検索したことはないだろうか。脱毛と一口にいっても日本には大きくわけて3つの脱毛方法がある。「レーザー脱毛」「光脱毛」「ニードル脱毛」が現在主流だ。選ぶ際には、自分にとってどれが適しているか探さないといけないが、実は最近「脱毛サロンによる火傷トラブル」が頻発しているというからしっかり選ぶ必要もある。

エステで主に行われている光脱毛は、広域波長の光を使って脱毛をするやり方。この方法は、レーザー脱毛に比べてマイルドである一方、むやみに出力を上げると火傷を起こす可能性があるのだ。安価で行える上、ニードル脱毛より痛みが少ないのが光脱毛のメリットだが、永久脱毛はできないというデメリットがある。

一方、医療レーザー脱毛は、単一波長の強力なレーザー光を照射することで脱毛を行う方法。痛みはやや光脱毛より強いが永久脱毛になるのが最大のメリット。もちろんレーザー脱毛は原則として医療行為にあたるため、エステサロンでは受けることができない。

最後にニードル脱毛。文字通り、ニードル(針)を毛穴から挿入し電流を流し脱毛を行う昔ながらの方法だ。この方法も、毛根を電気の熱によって破壊させる方法のため、場合によっては、火傷のリスクがある。さらに、施術者の技術が未熟な場合は、内出血等を起こすこともあるため注意が必要だ。

 

機械の設備不良や未熟なエステティシャンによるトラブルが続出。

せっかく脱毛してスッキリしたいと思っているにもかかわらず、火傷を負って思わぬ被害をこうむる人も少なくない。また、顔まわりに火傷などしてしまったら、目立つ部分に跡を残してしまうことも。このような火傷リスクを増す原因としては、機器の設定の問題が挙げられる。より強い効果を求めて出力を高めに設定しているケース、スタッフの教育不足で自己流の施術を行っているケースなどを耳にすることも多い。つまり経験不足で未熟なエステティシャンによって招いた人災とも言える。

 

万が一、火傷をしたらどうしたらいいのか?

shutterstock_210804268

脱毛をした後、肌の赤みがひかない、痛い、水泡ができた、などの症状があれば、とにかく皮膚科に行って医師の診察を受ける必要がある。火傷の治療は専門的な知識が必要だ。適切な処置を受ければ跡を最小限にすることも可能なので、少しでも早く受診しよう。また病院に行けば診断書を発行してもらうことも可能だ。万が一、訴訟などになった場合必要になるので、必ず書いてもらおう。

 

跡が残ってしまい、取り返しがつかないことも。

考えるだけで嫌なものだが、慰謝料請求も考慮に入れよう。
脱毛の施術後、不幸にも火傷を負ってしまったり、それが原因で通院する必要性が出た場合、サロンに費用負担してもらえるケースもある。まず、脱毛サロンで火傷やトラブルを負った時には「契約書」をじっくり読もう。サロン側が被害者の気持ちに配慮せず対応が誠実ではないものだった場合、被害者として慰謝料の請求ができることも。そして、火傷した部位が適切な治療によっても治らず、跡が残ってしまった場合は後遺症ということにより慰謝料の請求が可能。

裁判例として、脱毛エステでの火傷に対し、施術費用全額返還に加え慰謝料を含む100万円以上の損害賠償が認められた事例がある。しかしながら、後遺症による慰謝料請求というのは専門的な知識が必要となってくるため、弁護士の相談をするのが手だろう。このようなケースにならないためにも、脱毛サロンを選ぶ際には、熟練したスタッフが施術するサロンをしっかりと見極める必要がある。

【関連記事】
脱毛の種類・方法を知ろう(エステサロン・クリニック)ほか、最近のトラブル情報
【濃いヒゲ朗報】髭がッ!ポロポロ抜けるッ!!抜けるぞ――ッッ!!!芸人S×L酒井がひげ脱毛の効果に歓喜

この記事が気に入ったら いいね!しよう

HIGEハックの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事