話題の脱毛【メディオスターNeXT】とは

diode

 

ムダ毛の処理にクリニックの脱毛を選択する方も増えてきており、市民権を得始めている「医療脱毛」。エステ脱毛との大きな差である「脱毛効果」を目当てに、女性ユーザーから人気が出始め、現在では男性のヒゲやムダ毛の脱毛も大変な人気になっています。結果の確実性を求める男性には、ピッタリです。

最近、大手美容クリニックや脱毛専門クリニックのWEBサイトや広告で「メディオスター」という単語を多く見かけるようになりました。一体このメディオスターとは何でしょうか。

医療レーザー脱毛は脱毛機が重要

脱毛の方法は種類が限られており、実はどこで脱毛をしても方法は同じなことが多いのです。医療脱毛の中でも「医療レーザー脱毛」は、使用する機械の種類により特徴が異なります。レーザーの仕組みが異なり、照射される光の波長が異なることで脱毛作用が変わります。肌の色や毛の太さ・濃さなどに合わせて最適な機械を選択することが重要なので、複数種類の脱毛機を導入している美容クリニックが良いと言えます。しかし、最新の医療脱毛機メディオスターNeXTは、その常識を一変させる脱毛機なのです。

メディオスターNeXTはレーザー脱毛機?

医療レーザー脱毛機の脱毛を行う仕組みは、レーザー機の種類が違えど原理は一緒。レーザー光が毛や毛根の「黒」色に熱ダメージを与えて、瞬時に焼き殺します。脱毛中は痛みが伴い、輪ゴムで「パチン」と弾かれた感じがするので麻酔を行います。また、レーザーによっては、メラニン色素にも反応することから、日焼けした肌や色黒の方は脱毛できない場合があります。

メディオスターNeXTは、レーザー脱毛機でありながら、毛根や毛を焼き殺す訳ではありません。レーザー光を断続的に照射し、皮下に熱を溜めることで毛包や毛を成長させる「バルジ」と言われる部分にダメージを与えます。この脱毛方式は「蓄熱式」と言われる最新の脱毛方法です。

メディオスターNeXTのメーカーについて

メディオスターが製造されているドイツのイエーナ市

メディオスターが製造されているドイツのイエーナ市

メディオスターNeXTはAsclepion(アスクレピオン社)が販売する、ドイツのイエナ市で製造されるレーザー脱毛機です。このアスクレピオン社は医療用レーザー機器メーカーとして35年の実績を誇ります。

美容レーザー機器は「ライトシェア」シリーズのLumenis(ルミナス社)や、「ソプラノ」シリーズのAlma Lasers(アルマレーザー社)に代表され、イスラエルに本社を置く企業が有名ですが、アスクレピオン社はドイツに本拠地を置く企業です。ヨーロッパだけでなく、世界的にみても信頼性の高い優秀な企業の一つです。

イエナ市はレーザーを初めとする光学機器産業の中心的な都市です。カメラ界で知らない人はいない有名メーカーである「カール・ツァイス社」を中心とした光学機器製造企業に対し、フリードリヒ・シラー大学が積極的に協力する「産学協同」という独特の体制が作られています。家庭用光学機器から、医療用光学機器、天文学研究用光学機器などの開発を行っており「オプティカル・バレー」と呼ばれています。

メディオスターNeXTの特徴は?

「この脱毛機はスゴイ!」「これまでのレーザー脱毛は何だったのか?」など、かなりの高評価で話題のメディオスターNeXT。今までのレーザー脱毛機を比べると、大きな差が3つあります。

痛みが無い

今までのレーザー脱毛は毛根を破壊する時の痛みが強く、「痛くなくなった」と言われるダイオードレーザー脱毛機であっても、口周りやデリケートゾーンなどの痛みを強く感じる部位の脱毛の際は、笑気ガスなどの麻酔を必要としました。

しかし、メディオスターNeXTはレーザー光照射による熱エネルギーで毛根を破壊するのではないので、「パチン」という痛みが発生しません。これは非常に画期的で、エステ脱毛を含めた全ての脱毛方法の中でも痛みが無い脱毛方法です。

肌の色が焼けていても問題ない

通常、レーザー脱毛を行う場合、日焼けすることは厳禁です。レーザー光が皮膚のメラニン色素にも反応してしまうため、火傷をする場合があるからです。そのため日焼け肌の場合、出力をかなり抑えたレーザー照射しか出来ず、毛根にダメージを与えられません。

メディオスターNeXTはレーザー光を断続的に照射することで熱を発生させ、毛根にダメージを与えます。脱毛方法が根本的に異なるので、肌の色は関係がないのです。しかし、激しい日焼け直後などは、肌への負担を考えて脱毛が出来ない場合があります。

産毛にも効果あり

ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどのレーザー脱毛機は、照射したレーザー光が黒い色に反応して、熱破壊を行います。毛や毛根が太くはっきりしている方がレーザーが反応しやすく、細い毛(産毛)には反応しづらいという特徴がありました。

上記にも書いたように、メディオスターNeXTはレーザー光を色に反応させる訳ではないので、産毛から太い毛まで脱毛効果が発揮されます。

レーザー脱毛の主流になるか

美容クリニックがレーザー脱毛施術を提供する際に、患者さまのコース継続の大きなネックになるのが「痛み」です。笑気ガスを使用して痛みを軽減することも出来ますが、笑気ガスが体質的に合わない(作用が強く出てしまう)場合もあります。

痛む場合、中断しながらの施術を行うこともあるので、脱毛にかかる時間が長くなってしまうこともあります。そして「痛い」思いをすると、2回目以降の脱毛施術へ来て頂けないばかりか、「脱毛は痛い」「○○クリニックの脱毛は受けたくない」などのイメージに繋がってしまいます。

患者さまのことを最優先に考えた場合、蓄熱式脱毛は今後の主流になるはずです。そして今現在、最新機種であるメディオスターNeXTを選ぶことは、快適なレーザー脱毛のために正しい選択だと言えます。

メディオスターNeXTの詳細を見る

横浜でメンズ(男性)脱毛するなら、ゴリラクリニック横浜院へ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

HIGEハックの最新記事をお届けします

注目記事

新着記事