全国のクリニック案内

メディオスターNeXT PRO導入

脱毛コースを途中でキャンセルする理由の一つが「痛み」。その痛みを極限まで減らすことに成功した蓄熱式脱毛機メディオスター。今世界中の美容クリニックが導入する、その理由とは。

痛みが無い・日焼け肌も脱毛できる最新医療レーザー脱毛機

「脱毛は痛い」「日焼けは脱毛できない」はもう古い
最新の脱毛理論「蓄熱式」で快適な医療脱毛を実現

レーザー脱毛機はそれまでの脱毛法と比べて、痛みやスピードを劇的に進化させました。それでも、レーザーによる脱毛は痛みを伴い、肌の日焼け管理も必要になるなどの手間もありました。しかし、メディオスターNeXT PROはまったく異なる脱毛理論で、レーザー脱毛に伴う痛みや不便さを解消する、世界で導入が進む最新医療脱毛機です。

現在脱毛中のアンジャッシュ児嶋さんがメディオスターNeXT PROを体験

最新式脱毛機メディオスターNeXT PROの性能を体験してもらうために、ゴリラクリニックで脱毛中のアンジャッシュ児嶋一哉さんに協力していただきました。現在、ヒゲ脱毛とボディ脱毛を行っている児嶋さん。笑気ガスの麻酔で脱毛の痛みは軽減できているものの、痛がりの児嶋さんにはストレスになっていたようです。そこで、メディオスターNeXTPROの 脱毛を体験していただきました。

児嶋さんの感想は「あれ?今脱毛した?」と言うくらいしか感じない模様。今後のレーザー脱毛の主流になる!とまで断言されました。アンジャッシュ児嶋さんのメディオスターNeXT PROの体験動画はこちらからご覧ください。

アンジャッシュ児嶋さんの体験動画

メディオスターNeXT PROだけの最新脱毛メカニズム

脱毛の痛みが少ない訳

蓄熱式脱毛理論だから熱破壊衝撃が少ない

現在、美容クリニックで一般的な医療レーザー脱毛機は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれる脱毛機です。これらは、レーザー光線の発生源(触媒)は異なるものの、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用して、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛機です。レーザー照射により毛根が熱破壊されたときに衝撃が発生し、それが痛みの原因です。

メディオスターNeXT PROは、毛根を破壊するのではなく「バルジ」と言われる、発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。毛根よりも浅い層に存在するバルジに対して、ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行うことでバルジを破壊します。

メディオスターNeXT PROその脱毛理論の特性から通常の脱毛レーザーと比べて衝撃が少なく、火傷などのリスクも少ないので、今までのレーザー脱毛と比べると驚くほど痛みが少なく脱毛が可能です。

鼻下などの「脱毛が痛い場所」であっても、大幅に痛みが軽減されています。

メディオスターNeXT PROだけの最新脱毛メカニズム

肌へのダメージが少ない訳

強力な冷却装置付きヘッドで過剰な熱を防ぎます

蓄熱式脱毛の照射を行うと、バルジを破壊するための熱が皮下に溜まり徐々に暖かくなります。しかし、照射を続けると真夏の直射日光に照らされたような「ジリジリ」とした熱さを感じます。この熱はバルジにダメージを与えるために必要なものです。

しかし必要以上の熱は患者さまのストレスになるため、メディオスターNeXT PROの照射ヘッド(ハンドピース)には強力な冷却装置が付いています。この冷却装置は金属のパネルが冷却水により4℃~5℃に冷やされており、照射患部の熱をすばやく緩和します。施術中は「熱い」と感じるよりも、冷却装置の冷たさを感じることが多いほどです。

また、蓄熱式脱毛はレーザー光を黒色に反応させるという原理を利用していません。医療レーザー脱毛では肌の日焼けは厳禁であり、施術前は日焼けを防ぐ必要がありますが、メディオスターNeXT PROは肌の色や毛の色に左右されません(白髪・ブロンドは脱毛不可)。 蓄熱式脱毛と冷却装置により、肌へのダメージはほとんど発生しません。脱毛照射後の赤みも無く、医療レーザー脱毛の問題点でもある毛嚢炎(もうのうえん)の発生も防ぎます。

メディオスターNeXT PROだけの最新脱毛メカニズム

脱毛期間が少ない訳

打ち漏らしが無いから脱毛効率が良く時間短縮が可能

医療レーザー脱毛は、毛根に対してレーザーを照射し、毛根を熱破壊します。そのためには、毛髪の発生から抜け落ちるまでのサイクルである「毛周期」に合わせて、毛が生えている期間に照射する必要があります。

しかし、一見毛が生えている時期に見えて、抜ける時期に差し掛かる「毛周期後期」にある毛に対して照射しても、毛根にはダメージを与えることが出来ません。ダメージが与えられなかった部分からは毛が再生します。この状態がレーザー脱毛における問題である「打ち漏れ」という状態に繋がる原因の一つです。

メディオスターNeXT PROはバルジに対してダメージを与えます。毛周期後期の毛においてもバルジは存在しているため、蓄熱式脱毛では打ち漏れの可能性が低減されています。

より効率的に熱を届けるために、ダブルパルステクノロジーを採用しています。810nmと940nmの2種類の波長のレーザーを照射することができるため、日本人やアジア人の肌でも深部に到達します。

脱毛に必要な期間が短縮されることで、患者さまの負担を軽減し、快適に脱毛できることにつながります。

メディオスターNeXT PROは何が良いの?

医療レーザー脱毛機比較

メディオスターNeXT PROレーザー脱毛機
方式蓄熱式(SHR方式)レーザー照射(HR方式)
適応肌状態◯全肌色対応×日焼け・褐色は不可
痛み◯ほぼ無し×部位により麻酔が必要
施術時間◯ヒゲ脱毛施術は40分程度×ヒゲ脱毛施術は50分程度
※麻酔クリーム塗布等含む
減毛処理◯可能◯可能

他レーザー脱毛機との違い

現在主流のライトシェアシリーズなどのダイオードレーザー脱毛機は、生えている毛(または毛根)の色に対してレーザーを照射することで破壊します。レーザー光エネルギーが黒色に反応し熱エネルギーに変わることで脱毛を行うのです。そのため、毛根にレーザー光が到達する前の毛に反応してしまうこともあり、十分に照射ができない可能性があります。

蓄熱式脱毛理論でレーザー脱毛を行う「ソプラノ」シリーズの「ソプラノアイス」の性能は何が違うのでしょうか。 ソプラノアイスもメディオスターNeXT PROも蓄熱式を採用しており、通常の医療レーザー脱毛のようにレーザーのエネルギーが集中することがないため、痛みは少ないです。

ソプラノアイスとメディオスターNeXT PROの違いは、蓄熱式でダメージを与える箇所が違います。ソプラノアイスが照射するレーザーの波長は810nmで毛包付近に蓄熱を行い、毛包へダメージを与えます。

メディオスターNeXT PROは、ダブルパルステクノロジーにより810nmと940nmの2つの波長を照射することができます。これにより、ソプラノアイスと同じ毛包付近へダメージを与えつつ、さらにバルジ付近への蓄熱が出来るため、より効果的に毛の再生を阻止することが可能になっています。

そして、バルジへダメージを与えるため、蓄熱温度もメディオスターNeXT PROのほうが高くなるのですが、ハンドピースに高性能の冷却プレートが装着されていることで、熱さを感じることなく脱毛することが可能です。

メディオスターNeXT PRO脱毛の流れ

Step1カウンセリング

脱毛前のカウンセリングは、脱毛の種類に関わらず行います。ヒゲの状態や肌質、アレルギーなどをお聞きした上で、医療レーザー脱毛の注意点等を説明いたします。また、脱毛後の仕上がりのイメージを決めていきます。

Step2マーキング

医療レーザー脱毛を行う前に、ご希望の仕上がりを考慮しながら照射エリアのブロックをマーキングします。このマーキングは背術後に簡単に落とすことが出来る専用のマーカーを仕様しています。

Step3ジェル塗布

メディオスターNeXT PROでの脱毛施術の場合、冷却とハンドピースのすべりを良くするために潤滑ジェルを照射部位に塗布します。

Step4照射

メディオスターNeXT PROで脱毛を行います。テスト照射を行い、感じる刺激などを伺いながら出力の調整を行います。

スタッフの脱毛体験レビュー

メディオスターNeXT PRO PRO導入に向けて、クリニックの運営スタッフ2名に協力してもらい、機械のテスト照射を行いました。メーカー担当者立会いのもと、出力の調整や施術順序、照射方法などの説明を受けました。今までのダイオードレーザー脱毛機とは特性が違うため、照射時間と患者が感じる熱や痛みなどを確認します。

ダイオードレーザーのヒゲ脱毛で、強い痛みが発生する口髭を脱毛します。痛みの無さにスタッフも看護師長もビックリするほど。撫でるよう5往復くらいで終了するため、施術時間もかなり短いです。テスト照射のため、保護ゴーグルを外していますが実際の脱毛照射時は、保護ゴーグルで目を守ります。


Before脱毛前

メディオスターNeXT PROでのヒゲ脱毛効果の検証のために、別スタッフの口髭でも実施。5日ほど伸ばした口髭(鼻下)を脱毛しました。もともとそこまでヒゲが濃くないスタッフですが、皮膚が弱いため連日髭剃りを行うとカミソリ負けをしてしまうそうです。
※写真は脱毛前で剃毛をしていない状態です。

After脱毛4週間後

メディオスターNeXT PROで脱毛4週間後の写真です。同じく5日ほどヒゲを伸ばした状態で比較すると、明らかに口髭(鼻下)の毛量が減っています。

アスクレピオン社によるメディオスターNeXT PROデモ動画

メーカーが作成した脱毛施術のトレーニング動画です。施術モデルの肌が褐色でいわゆる「日焼け肌」状態でも、問題なく施術を行っているのが分かります。映像内で使用しているハンドピースは大型タイプで、広い面積のボディパーツに使用します。大型タイプは照射面積が広いため、脱毛時間が短く出来ることがメリットです。映像内では顔の脱毛にも大型ハンドピースを使用していますが、ゴリラクリニックのヒゲ脱毛では、通常ハンドピースを用いるため、細かい照射が可能です。

メディオスターNeXT PRO Q&A

メディオスターNeXT PROはレーザー脱毛なのですか?

メディオスターNeXT PROはダイオードレーザー脱毛機です。

蓄熱式(SHR方式)は、ダイオードレーザーを照射することにより、蓄熱を行います。レーザーの触媒はライトシェアシリーズなどと同じ「ダイオード(半導体)」なので、レーザー脱毛機の一種に分類されます。

メディオスターNeXT PROの脱毛間隔は短いのですか?

毛周期後期の打ち漏らしも無く、短い期間で脱毛が完了します。

通常のレーザー脱毛と異なる理論で脱毛を行いますので、毛周期後期の打ち漏らしがなく、脱毛効率が高いのが特徴です。

メディオスターNeXT PROの照射後のヒゲはすぐ抜けますか?

メディオスターNeXT PRO照射後にヒゲは抜けません

クリニックによっては、蓄熱式脱毛を行った後にヒゲが抜けると説明しているWEBサイトがありますが、メディオスターNeXT PROでの照射後にヒゲが抜けることはありません。ヒゲを再生させない作用があります。

胸や背中などの広い面積でも脱毛できますか?

広範囲照射用のハンドピースがあるので問題ありません。

メディオスターNeXT PROには、細かい照射をするハンドピースと、広い照射をするハンドピースがあります。胸部や腹部、背中など面積が広い部分はハンドピースを換えることで効率よく脱毛できます。

ライトシェアとメディオスターNeXT PROではどちらが速いですか?

メディオスターNeXT PROのほうが脱毛施術が早く終わります。

メディオスターNeXT PROは痛みが少なく、痛みでレーザー照射を中断することもありません。脱毛完了までの時間を考えても、毛周期後期の打ち漏らしも無く、日焼け肌による低出力照射などを行う必要がないので、従来のダイオードレーザーによる脱毛よりも早く終了します。

メディオスターNeXT PROの照射時の痛みはどの様なものですか?

痛みと言うよりは「熱」を感じることがあります。

蓄熱式はレーザー照射により皮下に熱を溜めるため、熱く感じることがあります。イメージは、真夏の強い日差しが当たっているような感じに近いです。また、出力によっては、レーザー光がヒゲ自体に反応することがあり、剃り味の悪いカミソリの刃に引っかかっているようなチクチクすることがあります。

メディオスターNeXT PROの照射後は肌荒れが起きますか?

蓄熱式のメディオスターNeXT PROは照射後の肌荒れは起きません。

通常のレーザー脱毛のように、レーザーエネルギーを集中させて照射し、熱衝撃を与える方法とは異なります。照射後の赤みも少なく、毛嚢炎(細菌によるニキビのような炎症)も発生しづらいので、肌のダメージが少ないのが特徴です。

なぜ日焼け肌(褐色肌)でもレーザー脱毛できるのですか?

メディオスターNeXT PROは蓄熱式レーザー脱毛だからです。

レーザー脱毛機が照射するレーザー光は、毛の黒色と反応し熱破壊を行います。レーザー光は肌のメラニン色素にも反応してしまい、火傷をすることがあります。メディオスターNeXT PROは蓄熱式なので、急激な熱破壊を行わずに脱毛を行うため、火傷のリスクが大幅に改善されています。

メディオスターNeXT PROは産毛の脱毛も出来ますか?

メディオスターNeXT PROの蓄熱式は産毛でも脱毛可能です。

産毛は色素が薄く細いのでレーザー脱毛には向かない毛です。レーザー光が反応しづらく脱毛効果が期待できないのと同時に硬毛化という毛が太くなる症状が出る場合があります。メディオスターNeXT PROは毛包とバルジへ蓄熱ダメージを与えるため、産毛でも効果があり、硬毛化は発生しづらい脱毛機です。

メディオスターNeXT PROを導入している美容クリニックが少ないのはナゼですか?

その有効性から世界的に人気が高まっているため入手困難な脱毛機だからです。

レーザー脱毛機を初めとする医療用機器は、自動車のように大量生産されるわけではありません。特に美容医療用機器は生産数が多くありません。美容外科や美容クリニックは先進国に集中しています。そして、少ない台数の生産しかしないため、販売価格は比較的高価になります。こうした理由から、全ての美容クリニックで導入できないのです。

横浜駅西口(みなみ西口)に開院したゴリラクリニック横浜院でもメディオスターNextProを導入しています。

メディオスターNeXT PROは永久脱毛が出来ますか?

従来のレーザー脱毛機同様、永久脱毛が可能です。

日本には「永久脱毛」の定義がありません。美容外科における「永久脱毛」とは、米国FDA(食品医薬品局)が定めた「レーザーを3回照射後6ヶ月経過時点で照射前と比較し67%以上の毛が減っている」状態を永久脱毛としています。そして、美容クリニックで導入しているレーザー脱毛機は、このFDAの検査をクリアし「永久脱毛が可能な脱毛機」と認定されています。もちろんメディオスターNeXT PROも「永久脱毛」が可能なレーザー脱毛機です。

メディオスターNeXT PROの脱毛後は赤みが出ますか?

今までのレーザー脱毛機と比べて、施術後の肌の赤みは出にくいです。

ヒゲのレーザー脱毛直後は、レーザー光の出力を集中させ毛根を熱破壊します。したがって肌に赤みが出る場合があります。しかしメディオスターNeXT PROは、レーザー光を断続的に照射するため、急激なダメージが発生しないため、施術後の赤みが出にくいのが特徴です。

メディオスターNeXT PROで脱毛が出来ない場合はありますか?

急激な日焼け直後や白髪(またはブロンド)などは脱毛が出来ません。

メディオスターNeXT PROは日焼け肌の脱毛は可能ですが、急激な日焼け直後の場合は、肌の安全を考えて脱毛施術をお断りする場合があります。また、白髪やブロンドの場合、レーザーによる蓄熱ダメージが十分に与えられないため、脱毛施術をすることが出来ません。

メディオスターNeXT PROの脱毛は毛嚢炎(ニキビの様な炎症)は出来ますか?

毛根の熱破壊によるダメージ少ないので毛嚢炎はほぼ発生しません。

レーザー脱毛後の毛嚢炎は、熱破壊により傷付いた毛穴に細菌が感染することにより、ニキビの様な炎症が発生します。しかし、メディオスターNeXT PROは、急激な熱破壊を起こさないので、毛穴が傷つき難く、毛嚢炎はほぼ発生しません。しかし、極めて希に毛嚢炎が発生する場合がありますので、その際は抗生剤を処方いたします。

メディオスターNeXT PROで鼻毛の脱毛は出来ますか?

ハンドピースのレーザー照射部の形状的に鼻毛脱毛が出来ません。

蓄熱式脱毛はどの部位の毛にも有効ですが、ハンドピースのレーザー照射部を脱毛部位に接触させる必要があります。鼻腔にはレーザー照射部が入らないので、メディオスターNeXT PROでは鼻毛の脱毛ができません。

メディオスターNeXT PROの開発メーカーは有名なのですか?

数多くのレーザー治療機器を開発し、
長年の実績がある美容光学機器メーカーです。

メディオスターNeXT PROはAsclepion(アスクレピオン社)が販売する、ドイツのイエナ市で製造されるレーザー脱毛機です。SHR方式と言われる「蓄熱式」を採用することにより、レーザー脱毛施術における痛みを今までに無いレベルまで低減させました。このアスクレピオン社は医療用レーザー機器メーカーとして35年の実績を誇り、世界的にみても信頼性の高い優秀な企業の一つです。

イエナ市はレーザーを初めとする光学機器産業の中心的な都市です。カメラ界で知らない人はいない有名メーカーである「カール・ツァイス社」を中心とした光学機器製造企業に対し、フリードリヒ・シラー大学が積極的に協力する「産学協同」という独特の体制が作られています。家庭用光学機器から、医療用光学機器、天文学研究用光学機器などの開発を行っており「オプティカル・バレー」と呼ばれています。

アスクレピオン社の紹介動画

このページのトップへ戻る

ヒゲ以外の脱毛はこちら 男性専用・ゴリラ脱毛 ゴリラクリニックMAP

ゴリラクリニックのご紹介 ドクターのご紹介
Instagram