家庭用脱毛器と医療レーザー脱毛器の違い

家庭用脱毛器とクリニックの脱毛における違い
家庭用脱毛器とクリニックの脱毛における違い

大手ネット通販などで今大人気の家庭用脱毛器。一番人気の機種は7万円以上するため、決して安い製品ではありません。クリニックで使用しているレーザー脱毛器と同等の脱毛効果があるのでしょうか。ゴリラクリニックが解説いたします。

家庭用脱毛器に永久脱毛の効果はあるのか?

女性だけではなく男性の脱毛ニーズも増加し、現在数多くの美容クリニックやエステなどでメンズ脱毛メニューが提供されています。
脱毛という美容メニューが浸透するに従い、「まずは自宅で脱毛したい」「もっと手軽にムダ毛処理をしたい」などのニーズも高まり、自身で脱毛できる家庭用脱毛器が注目されています。

クリニックと家庭用器の違い

大手ネット通販や通信販売で売られている家庭用脱毛器の値段はピンキリですが、一番人気の商品の販売定価は10万円近くするため、美容家電製品の中でも高額商品になります。...

宣伝文句の多くは「レーザー脱毛より痛くない」「ツルツル・スベスベになります」など、レーザー脱毛器と同レベルの効果を連想させるようなものが多いので、「永久脱毛が出来る」と期待する人も多いようです。
今回は、家庭用脱毛器におけるアンケート調査をもとに、家庭用脱毛器による脱毛とクリニックで行う脱毛の違いについてご説明いたします。

クリニックと家庭用器の違い

あまり知られていないのですが、医療レーザー脱毛器以外は、「毛が再生する」と法律で決められています。
「永久脱毛」が出来る医療レーザー脱毛器、は発毛を促す細胞をレーザー光で熱破壊する行為です。法律上、医師が駐在するクリニックでのみ行うことのできる“医療行為”とされています。>>>日本美容医療業界

エステ脱毛はもちろん、一般人が購入できる家庭用脱毛器では細胞を破壊しないので毛が再生いたします。
また、家庭用脱毛器は“ご自身で使用する”機器ですので、光エネルギーを集中できるレーザーではなく、光エネルギーが分散しやすいキセノンライト(カメラのフラッシュや車のヘッドライトと同じ原理)が使われています。皮膚の火傷リスクが少なく使用できる反面、毛根に与えるダメージも少ないので、脱毛効果が体感できない場合も多いのです。
今回、「家庭用脱毛器を使用したことのある男性260名」を対象にしたアンケート調査を行った結果、効果の面にて下記のような結果が得られました。

※永久脱毛とは、「レーザーを3回照射後6ヶ月経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態に出来る機械を使用した脱毛行為をさします。

家庭用脱毛器の効果における調査結果

では実際に、家庭用脱毛器を使用したユーザーはどのような結果なのでしょうか。調査会社(株)マーケティングアプリケーションズが行った「家庭用脱毛器を使用したことのある男性260名のアンケート調査」をご覧ください。

Q家庭用脱毛器を使用して、
毛が生えなくなった実感はありますか?

アンケート結果
アンケート結果

実感できているのはたった3割!

全体の約半数が家庭用脱毛器を使用後、毛が生えなくなった実感は「ない」と答えています。また、約2割の方が「わからない」と回答。
家庭用脱毛器を使用しているユーザーの約7割が脱毛を実感できていない、ということになります。

Q家庭用脱毛器を使用した後、エステやクリニックで
脱毛を受けた経験はありますか?

再度脱毛を受けている人44% ある44% ない56%
再度脱毛を受けている人44% ある44% ない56%

約半数が再度脱毛を受けています

家庭用脱毛器を使用後、エステやクリニックなどで再度脱毛を受ける人は44%となりました。
この結果から、「永久脱毛」を求めて家庭用脱毛器を購入したユーザーが、脱毛を実感できず然るべき機関で再度脱毛を行うことがわかります。

Q家庭用脱毛器を使用して、
毛が生えなくなった実感はありますか?

思ったより効果がない54.4% 本体価格が高い28.1% 痛みが強い25.4%
思ったより効果がない54.4% 本体価格が高い28.1% 痛みが強い25.4%

家庭用脱毛器のデメリットに関するアンケートでは、約半数以上のユーザーが「思ったより脱毛効果がない」と感じています。その次に「本体価格が高い」で約28%、3番目に多かったのが「痛みが強い」の約25%でした。

調査名
家庭用脱毛器に関するアンケート
調査対象
家庭用脱毛器利用者の男性15-59歳
サンプル数
260名 (有効回答数236件)
調査方法
インターネット調査
調査時期
2016年12月16日~20日
調査実施期間
市場調査会社:マーケティングアプリケーションズ

家庭用脱毛器とゴリラ脱毛の比較

先ほどもお伝えしましたが、家庭用脱毛器では永久脱毛ができません。上記のアンケート結果を見る限りでも、家庭用脱毛器による脱毛効果は低い結果となっています。では、なぜ効果が低いのか、その部分についてゴリラ脱毛との比較を入れながらご説明いたします。

家庭用脱毛器とゴリラ脱毛の違い
家庭用脱毛器とゴリラ脱毛の違い

上記のアンケート結果で明らかになった効果の部分に加え、費用・機械・リスク対応・期間における違い、でも比較を行いました。

1.効果家庭用脱毛器は減毛効果、
ゴリラ脱毛は永久的な脱毛効果

家庭用脱毛器…毛根に”一時的にダメージ”を与える減毛 ゴリラクリニック…毛根や組織を”破壊”する永久脱毛”
家庭用脱毛器…毛根に”一時的にダメージ”を与える減毛 ゴリラクリニック…毛根や組織を”破壊”する永久脱毛”

永久脱毛は、発毛組織を促す毛根や組織を破壊することで、毛の再発を防ぐ行為です。...家庭用脱毛器の照射パワーでは毛根を破壊することはできず、軽くダメージを与える減毛効果しか期待できません。一時的に毛根は弱まるため、毛がなくなったと感じるかもしれませんが、一定時間が経過すると毛根や組織は回復し、以前と同じ量の毛が生えてきてしまいます。

実質、家庭用脱毛器でも永久脱毛ができるパワー出力は可能です。しかし、毛根を破壊するということは体内の細胞を破壊する行為となり、"脱毛"を可能とする分、万が一のリスクもございます。そのため、永久脱毛の行為はクリニックでしか行うことができないと法律で定められています。

ゴリラクリニックは男性を専門とした医療機関ですので、永久脱毛の効果をご提供致します。より目に見えてわかる効果を期待するのであれば、クリニックの永久脱毛をおすすめいたします。

2.費用家庭用脱毛器とゴリラクリニックでは、
費用はほとんど変わりません。

家庭用脱毛器…本体価格=約40,000~60,000円+カートリッジ代 ゴリラクリニック…ヒゲ脱毛3部位(4年間無制限)=68,800円
家庭用脱毛器…本体価格=約40,000~60,000円+カートリッジ代 ゴリラクリニック…ヒゲ脱毛3部位(4年間無制限)=68,800円

永久脱毛=高額というイメージを持たれている方が多いですが、実際に比較すると価格にそこまでの差はありません。...むしろ、クリニックでの脱毛のほうが低価格の場合もあります。

例えば、ゴリラクリニックのヒゲ脱毛には無制限プランというものがあり、一度金額を支払えば追加でお金を支払う必要はありません。濃い人だと、ヒゲの永久脱毛には約10~14回程度の回数が必要となりますが、3か月に1回通ったとしても4年間で16回の照射が可能となっています。

上記に対して、家庭用脱毛器は使用回数には制限があります。制限回数を超えてしまった場合には改めてカートリッジを購入する必要があります。ピンキリではありますが、通常の機器代金が約4~6万円となり、追加のカートリッジ費用が大体5,000~10,000円程度となります。ここで問題なのが、家庭用脱毛機では永久脱毛ができないため、一度照射した毛も時間がたつと元通りになるということ。

つまり、家庭用脱毛器での処理は、常に処理を続けていく必要があるということです。永遠にカートリッジを購入する必要があります。その点で比較すると、追加料金の必要がないゴリラ脱毛のほうがお得といえます。

3.機械家庭用脱毛器は“美容機器”、
ゴリラクリニックは“医療機器”

家庭用脱毛器…誰でも使用できる”美容機器” ゴリラクリニック…医療機関でしか使用できない”医療機器”
家庭用脱毛器…誰でも使用できる”美容機器” ゴリラクリニック…医療機関でしか使用できない”医療機器”

ゴリラクリニックではFDA(米国食品医薬品局)の認定を受けた医療機器のみを使用し、脱毛を行います。名前のとおり、医療機関でしか使用することが許されていない機械です。...医療機器の脱毛パワーは高く、毛を生やそうと作用する毛母細胞にしっかりと働きかけることで、永久的な脱毛効果を発揮します。

一方で、家庭用脱毛器は“美容機器”という種類に分別されています。美容機器とは、美容目的に使用される機械のことで、シェーバーなども美容機器の分類となります。誰でも使用することが許されている反面、脱毛における効果には雲泥の差がございます。

目に見えている毛を一時的に減らすことは可能ですが、美容機器である以上、奥底に潜んだ毛根や毛細胞を破壊することは不可能です。仮に破壊してしまうと、それは法律上、犯罪行為となってしまいます。なので、一般に販売されている家庭用脱毛器で永久脱毛ができる機械は存在しません。

4.リスク対応家庭用脱毛器は“自己責任”、
ゴリラクリニックは“医師による無料対応”

家庭用脱毛器…自己責任 ゴリラクリニック…医師が対応、診察料・処置料無料。
家庭用脱毛器…自己責任 ゴリラクリニック…医師が対応、診察料・処置料無料。

万が一ではございますが、脱毛にはリスクが存在します。脱毛機は黒いメラニン色素に反応するよう設計されています。...体内に存在する黒いメラニン色素とは、毛だけではなく日焼けした肌も含まれます。そういった箇所に誤って照射をしてしまうと、やけどなどのリスクが発生してしまうこともあります。

ゴリラクリニックでは、医療資格を持ったスタッフが照射を行います。施術前には患者様のお体の状態をチェックしたうえで脱毛に移りますので、リスクを回避した丁寧な脱毛が可能です。

家庭用脱毛器による照射は、すべてご自身で行う必要があります。クリニックであれば、日焼け肌などの場合、医師や看護師に相談することが可能ですが、家庭用脱毛器の場合はそれができません。そもそも、どのレベルの日焼けなら照射していいかどうかは自身では判断がつかないので、誤った脱毛をしてリスクが発生するケースがございます。リスクが発生した際、通院の必要がありますがもちろんそちらも実費です。

昨今、多くのエステ脱毛器や家庭用脱毛器による肌トラブルが発生しています。ゴリラクリニックでは医療的な視点から、リスクに対応した脱毛を可能としています。リスクを考慮した脱毛がご希望であれば、必ずクリニックの脱毛をお受けください。リスク発生時には無料で診断・処置を行います。

5.脱毛期間家庭用脱毛器は“期限なし”、
ゴリラクリニックは“約1~2年”

家庭用脱毛器…脱毛の完了はありません。 ゴリラクリニック…1年~2年ほどで完了 ※個人差がございます
家庭用脱毛器…脱毛の完了はありません。 ゴリラクリニック…1年~2年ほどで完了 ※個人差がございます

脱毛には完了までの大体の期間があります。永久脱毛の場合だと、長くても2年程度で永久脱毛の治療は完了するといわれています。...もちろん、1~2回目からでも効果は目に見えて実感でき、回数を重ねるごとに毛量が減っていくようなイメージです。

家庭用脱毛器の場合、一時的に毛が減ったように見えますがしばらくすると再び発毛します。つまり、毛が無い状態をキープするためには、年中ずっと処理をし続ける必要があります。

また、照射は自身で行うため、理想の出来栄えになるかどうかも技術力に懸かっています。毛周期に合わせた判断も個人で行う必要があるため、効率的な脱毛はできません。

目的と異なる脱毛を選ばないために

現在、永久脱毛を可能とするのは、クリニックで行う医療脱毛のみとなっています。多くの方が家庭用脱毛器でも「永久脱毛ができる」と認識しているため、上記アンケートのように脱毛に納得のいかない結果となっています。

海やプールに行くときだけ減毛したい 週末、温泉に行くからどうにかしたい 家庭用脱毛器の減毛
海やプールに行くときだけ減毛したい 週末、温泉に行くからどうにかしたい 家庭用脱毛器の減毛
慢性的に髭の多さに悩んでいる 昔から毛がコンプレックスだ 毛をなくしてオシャレの輪を広げたい クリニックの永久脱毛
慢性的に髭の多さに悩んでいる 昔から毛がコンプレックスだ 毛をなくしてオシャレの輪を広げたい クリニックの永久脱毛

メンズ脱毛を行う目的は様々です。
もし、ご自身の目的に最適な方法がわからない場合は、一度当院へご相談ください。無料でカウンセリングを行いますので、まずは皆様のお悩みにあった脱毛法をご検討してみてはいかがでしょうか?

関連サイト

  • 男も美しくあれ ゴリラクリニック
  • 素肌で戦う男たちへ ゴリラクリニックのメンズスキンケア
  • 結果が出せるゴリラクリニックのAGA治療 ゴリラ発毛 M字もしっかり実感!!
  • 切らないわきが治療 男性専門ゴリラクリニックのミラドライ
  • 男も美しくあれ ゴリラクリニック
  • 素肌で戦う男たちへ ゴリラクリニックのメンズスキンケア
  • 結果が出せるゴリラクリニックのAGA治療 ゴリラ発毛 M字もしっかり実感!!
  • 切らないわきが治療 男性専門ゴリラクリニックのミラドライ
カウンセリングは完全無料! まずはご相談ください 0120-987-118 診療時間 11:00〜20:00 24時間365日電話受付
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

Instagram

カウンセリングは完全無料!まずはご相談ください 0120-987-118 診療時間 11:00〜20:00 24時間365日電話受付 無料電話受付
  • お電話で問い合わせ 0120-987-118
  • 1分で完了!無料WEB予約